2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

時計

当地のお天気

旅に出る♪

無料ブログはココログ

俳句

2015年11月 7日 (土)

秋刀魚の味

◆秋刀魚焼くまた秋刀魚かと言はれつつ

(俳句ポストの兼題で秋刀魚を投稿、ここに載せたのはボツ句です)(;^_^A


秋刀魚といえば小津安二郎監督の遺作「秋刀魚の味」(昭和37年松竹)を思い出す。
ちょっと嫁き遅れた娘の結婚に至るまでのお馴染みのストーリーだが、
「晩春」などと違ってコメディタッチな雰囲気が好きで、何度も観ている。
タイトルの割には秋刀魚を食べるシーンが一度も出てこないのがナゾだった。
笠智衆演じる老境に入る主人公の悲哀を、秋刀魚のワタのほろ苦さになぞらえたとか言われているようだが。
それもあるだろうが、ごく当たり前の日常が無事にすぎてゆくほどほどの幸せの味、という感じもする。
秋刀魚もごく日常的な、庶民的な魚だが、毎年何度でも食べたくなる。
秋になるどどれだけの人が、しみじみと美味しいと思いつつ秋刀魚を食べることか。
日常を描いた淡々としたストーリーなのに何度でも観たくなるこの映画に響き合う、まさに「秋刀魚の味」なのかもしれない。

Sanmanoaji



ところでそのほろ苦いワタだが、最近のスーパーにはワタを抜き、頭を落した秋刀魚が並んでいる。
去年あたりから多くなり、今年はパック詰めの半数がその状態。
もちろん氷の入ったトロ箱に五体満足な?秋刀魚もたくさん入っているからいいのだが、
あの状態で塩焼きにして美味しいのだろうかと考えてしまう。
私もワタをきれいに食べる・・まではしないのだが、やはりあの苦さがあってこその焼秋刀魚だと思っている。
ワタとかアタマを見るのが嫌だということなのかな・・私にはアタマを落された姿のほうがグロテスクに見えるけど。
折りしも子供用のノートの表紙の昆虫の写真を見るのがイヤという声が多くて、すべて廃止する事を決めたというニュースを見たけれど、
生物のリアルな姿を見たくないという感覚、どうなんだろう。違和感を感じるのは私だけだろうか。


◆青秋刀魚清き眼をして焼かれをり

Sanma1020






にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

2014年11月25日 (火)

はや11月末



どうもお久しぶりです。
このブログの更新をすっかりさぼってしまいました。
って別に誰も待っているわけじゃないんだけど(;^_^A


俳句や写真などの投稿や展示に忙しかった以外に、ツイッターを始めたことが大きな原因かも。
ツィッターは何か災害などが起こったときに役立つかも、と登録し、
俳句関連のツィートだけをするつもりだったけどそういうわけにもいかなくて、
思ったことをつい吐き出しちゃうと気が済んでしまってこちらのほうに書く気がなくなってしまうというパターン。
それも何だかね~と反省する今日この頃であります。



それでも閉鎖する気はないので、細々とでも続けていくつもり。
とりあえず保存を兼ねて、去年から時々投稿している「週刊俳句」の表紙写真シリーズを掲載することにしました。
写真だけでなく必ず文章をつけなければならないので、短い駄文でもそれなりに苦労していますが、
せっかく書いたのだから書きっぱなしももったいないし。週刊俳句のバックナンバーから抜き出してきました。
良かったら写真とともに読んでみて下さいね。

「週刊俳句」はこちら  





世の中は早くも11月の末、野山も街も紅葉、黄葉が美しい季節。
12月に入るとまた予定が色々あって、今年もあっというまに終わってしまいそうです。

Gaien2_3








にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ





2014年6月 5日 (木)

「写真とコトノハ展Vol.8」のお知らせ

Kotonoha8omote2




★写真とコトノハ展 Vol.8★

 

2014年6月8日(日)~29日(日)
都営新宿線 馬喰横山駅ギャラリーコーナー
駅地下通路での展示です
改札を出て左側、駅長事務室の並びです
地下鉄の営業時間にご覧頂けます 最終日16:00まで

 

2014年6月8日(日)~22日(日)
人形町 三日月座
〒103-0013東京都中央区1-15-5柏原ビル2F
TEL:03-3667-0423 FAX:03-6206-2798

http://www.mikazukiza.com/   カフェでの展示です
11:00~18:00 定休日 水曜日  最終日18:00まで
ご来店の際はドリンクオーダーをお願い致します


Kotonoha8ura3

倉田有希HP          http://yuhki575.com/
お問い合わせ先       info@yuhki575.com

 

両会場出展 
    倉田有希 雪井苑生 小林茜
    淡海うたひ 唯朗 福田泉
    横田嘉男 小林尊晴
三日月座ゲスト展示
    笑子 山本紀生 ひっち 三輪初子




◆今回は2ヶ所同時開催です。
馬喰横山の展示は地下鉄の通路ですので、通りすがりにご覧になれます。
お気軽にお立ち寄り下さい。

 

★追記★

 

三日月座の営業時間は11時~18時ですがラストオーダーは17:30です。
なお6月14日(土)の14:00~16:00は貸切となるそうですので、ご注意をお願いいたします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

2012年4月27日 (金)

「写真とコトノハ展vol.5」のご案内




写真とコトノハ展vol.5

Kotonoha5

◆2012年5月6日(日)~5月26日(土)
◆都営地下鉄市ヶ谷駅 地下道プロムナードギャラリー



◆出展者

倉田有希 雪井苑生(雪うさぎです) 小林茜 小林尊晴 横田嘉男



5月6日の午前中に搬入、26日の最終日は15時頃までとなります。

都営地下鉄新宿線、市ヶ谷駅の地下道、「A2」出口近く。
地上からは山脇美術専門学院の角「A2」出口の階段を降りてすぐです。
地下道の一部がギャラリーとなっております。
メトロの始発から終電までの時間ご覧いただけます。
通りすがりに、ちょっと寄り道して、どうぞお気軽にお立ち寄りください。

Kotonoha5map

詳細は倉田有希さんのHPでどうぞ。
http://yuhki575.com/









にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

2011年8月 2日 (火)

第3回こもろ日盛俳句祭へ 2



日盛俳句会2日目。

(ゆうべ飲みすぎてちょっと二日酔い気味だったことは置いといて~)
今日は写真俳句のメンバー3人と合流する予定。
9時過ぎに市民会館の受付会場で待ち合わせ。
有希さん、あかねさん、お蝶さんが元気な顔を見せてくれました。
バス吟行は「マンズワイン・高原美術館コース」に行くことになりましたが、
出発まで1時間以上あるので先に「懐古園」を見ることにしました。
1時間では見て回るのに時間が足りないのですが、
まあ小諸に来て見ないわけにはいかないです。


Hizakari11
Hizakari13



「懐古園」は駅のすぐそばに広がる小諸城の城址。
鎌倉時代から江戸時代にかけて造られ、使われた城で、
浅間山の火山灰で作られたそう。
今も立派な門や石垣が多く残り、
苔に覆われた石垣が緑に抱かれている光景は見事です。
まだ紫陽花がきれいに咲き、当地ではとっくに終った合歓の花も満開。
やはり季節が1ヶ月くらいずれている感じ。
島崎藤村の記念館にもちょっと立ち寄ってみました。
藤村といえば有名な「破戒」も「夜明け前」も読んだこと多分無くて、
知っているのは「椰子の実」の歌だけだというのは情けなさ過ぎ!と思いましたが、
そういえばちょうど藤村が小諸時代に書いた「千曲川のスケッチ」は読んだことがありました。
写生をするように文章でのスケッチ、当時は新鮮だったことでしょう。

Hizakari12



天守台、大手門などざっと見てまわり、市民会館に戻って今度はバスでマンズワイン小諸ワイナリーへ。
工場見学はパスして周囲のぶどう畑の周辺を歩きました。
今はまだ硬い青ぶどうで一句と思いましたがまとまらず。
試飲したワインはフレッシュでわかりやすい美味しさでした。
(そんなことをしてる場合か?)
時折雨が降り、また晴れるという不安定な天気の中、続いて小諸高原美術館へ。
下には上信越自動車道、なだらかな高原が続いて浅間につながっていくのですが、
その浅間も雲に隠れたりまた姿を見せてくれたり。

Hizakari14
Hizakari15

雨に追われるように入った美術館、常設は白鳥映雪という画家の作品。
伊東深水の弟子で美人画の巨匠、短い時間でしたが純和風の美人画や異国情緒あふれる女性の肖像画なども楽しみました。
集合時間が迫ったので戻ろうとしたところ、別の部屋に企画展として別の画家の作品が。
桜田晴義という画家の展示作品、ちょっとだけと思って入ったらこれがえらい私好みの絵なんですよね。
でも時間が無い・・とせめて一回りしようと早足でざっと一周しました。
実は絵はよく俳句のインスピレーションを与えてくれるのです。
なんとか2句ばかり形になってくれました。



市民会館に戻り、今日は友人も一緒なのでいつもは食べない昼食をつきあうことに。
信州に来たら蕎麦を食べない手はない、ということでおいしいというお蕎麦やさんをおしえてもらいました。
古い造りだけど開放的な感じのするお蕎麦屋さんで、私が食べたのは「みぞれ蕎麦」
おろし蕎麦かと思ったらさにあらず、お豆腐が乗っていて混ぜながら食べるという変わったぶっかけ蕎麦でした。
コシのあるお蕎麦でしたが、味はちょっと好みじゃなかったかも。
でも信州蕎麦が食べられて、気がすんだって感じ。

Hizakari16
Hizakari17

さて次はいよいよ2日目の句会。
写真俳句メンバー全員で申し込んだE教室、
今日のスタッフ俳人は「沖」の筑紫磐井先生と「街」の今井聖先生でした。
またまたお名前しか存じ上げず・・・すみません。

兼題は「毛虫」
今日もやはり「毛虫」は1句のみの投句となりましたが、
他の句はこちらに来てから作ったものを敢えて提出。
写真俳句仲間のあかねさんとお蝶さんは句会も初めてということで少し心配しましたが、
なんのなんの、お二人とも堂々としたもの。
さまざまな結社所属のベテラン俳人にひけをとらず、何人もの選を受けてらっしゃいました。


私も前日よりは調子が良く、現地で作った句がいくつか入ってほっと一安心。
さらに最後に作った句(美術館で桜田晴義氏の絵を見て詠んだ句)を筑紫先生、今井先生とも採って下さり、
筑紫先生は特選を下さいました。
もう大感激。
最後の1~2分、ねばって見てまわったことがいかにラッキーだったかってことですね。
う~ん何が幸いするかわからない。
そのあとの質疑応答でも、色々有意義な話を聞くことが出来ました。
ともあれ苦手だった「吟行」でとりあえず結果を出せたので、私としては大満足です。
(ただラッキーだっただけかもしれないけど)coldsweats01


句会の後、昨日と同じく場所を変えて、
今日は4人の先生方によるシンポジウム、「私にとって季語とは」
パネリストはさきほど指導いただいた筑紫先生、今井先生に片山由美子先生、岸本尚毅先生。
今回は眠くなることもなく、先生方のバトルを交えた?ディスカッションを楽しみました。
詠み手の意識はそれぞれ全く違うわけで、季語に関してもそれをどう捉えるかという定義など無いのですよね。
筑紫先生は無季俳句を作る方。
それもひとつの選択であり、ちょっと私には惹かれるものがあります。

Hizakari18

最後は写真俳句メンバーそろって、駅前の居酒屋で打ち上げでした。
有希さんもあかねさんもお蝶さんも私も、楽しみつつ良い結果が出せてほんとに良かったです。
話は盛り上がってだんだん俳句とは関係ない方向に限りなく脱線していき・・(笑)
とても楽しい時間を過ごしました。
私とあかねさんは8時25分発の電車で帰らなければなりませんが、
有希さんとお蝶さんはそれぞれ撮影の旅を続けるとのこと。
小諸駅前で、お開きとなりました。



行く前は半分「気が重いなあ」とも思っていましたが、
やはり行動すべきだなと実感。
冷静に考えれば吟行が苦手なことに変わりはないのですが、
これも鍛錬するしかないのでしょうね。
なんにしても日盛俳句、良い「武者修行」になったみたい。
小諸の町もとても気に入ったし、ぜひまた訪ねて来たいものです。




暗き絵に古きワインと蜥蜴の尾

夏の花あふれて信濃の駅小さし


Hizakari19b_2
Hizakari20_2







にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

2011年7月31日 (日)

第3回こもろ日盛俳句祭へ 1



長野県・小諸市で開かれた「こもろ日盛俳句」に参加してきました。
この俳句祭は高濱虚子が明治41年8月に俳人を集めて
8/1~8/31まで行った「日盛会」にちなんだものだそうで今年で3回目。
もちろん参加するのは初めてです。
ともかく「その場で見て、その場で詠む」という吟行が苦手で
今までこの種の会には参加したことがなかったけど、
そんなことでは進歩が無い!と自分を奮い立たせての初参加。
俳句を初めてもう10年近くにもなるというのに、
いまだに突き抜けられない壁に風穴を開けたかったという感じかな。
俳句の結社というものが苦手で挫折したこともあるのですが、
この会は「超結社」で誰でも自由に参加というスタンスに惹かれました。


開催は3日間ですが初めてだし、2日間の日程を取り、
7月29日朝7時半熊谷を出発。
受付は8時半からですが、9時ちょっと過ぎに小諸に着くこれが一番早い列車。
新幹線で軽井沢まで行き、そこからしなの鉄道で小諸まで。
小諸駅にはスタッフがいて、会場の市民会館までの道順を教えてくれました。
まずホテルへ寄って荷物を預かってもらってから会場へ。
途中見た小諸の町並みはしっとりしてシックな古い家屋なども残っており、
整備された道しるべなどもレトロな感覚を生かし、旅情を感じさせるものでした。

Hizakari1_2
Hizakari2_2

軽井沢駅としなの鉄道の電車



受付の手続きと句会の書類や名札、地図などを受け取り、
それからは1時半開始の句会まで各自吟行です。
市内を自由に歩いてもいいし、3コースのバス吟行の手配もあり。
この日は浅間山の登山口まで行く「浅間山荘コース」
(あのあさま山荘ではありません)を選びました。


行く前の天気予報ではお天気は最悪。
家人に「雨女」とかバカにされつつ覚悟して来たのですが、
雨は時折ぱらつくぐらいで時々は青空ものぞき、拍子抜けするくらい。
あとでTVを見たら、新潟・福島方面では大変な大雨になっていたようで・・
被災地に追い討ちをかけるような新たな水害、お見舞い申し上げます。

Hizakari4
Hizakari5

小諸の町並み、標識も素敵です♪



バスで登っていった浅間登山口は、
涼しくて快適だったけどあまりイメージをかきたてられる場所でもありませんでした。
いや、イメージじゃなくて「写生」するのよね。
俳句の基本である「写生」が苦手だという致命的欠陥を再認識。
周囲を見るとすらすらとメモを取っていらっしゃる俳人の方々。
ところで最近は「写真俳句」にも重きを置いている私、
今回も愛用の一眼レフを持ってくるつもりだったけど、
いや待てよ、そうしたらまた俳句じゃなくて写真ばかりに夢中になりそうと思い断念、
それでもやっぱり記録用にと持ってきたコンデジでついバチバチ撮っては
「違~う!写真じゃなくて俳句だってば!」と一人突っ込みを入れておりました。

Hizakari6
Hizakari7

再びバスに乗って会場に戻り、
いよいよ句会に参加です。
句会は今回AからFの6つの会場に別れ、各20人くらいでしょうか。
スタッフ俳人と呼ばれるそりゃもう私なんかから見たら雲の上のヒトみたいな
有名俳人の方が2名づつ仕切って下さるという贅沢さなのですが、
どの会場にどの俳人が配置されるかは会場に行ってみて初めて知るというのも楽しい。
この日選んだF会場のスタッフ俳人は「河」の小島健先生、
もう一人は「天為」の岸本尚毅先生でした。
不勉強にしてお名前くらいしか存知あげなかったのですが。
もちろん皆さん数々の俳句賞をお取りになり、著作も多いというプロ俳人です。



句会は5句出し、5句選(うち1句を特選に選ぶ)でこの日の兼題は「日盛り」
「日盛り」で5句出しても良いし、当季雑詠でもよいということで、
なるべく兼題を重視したかったのですが、
結局出した「日盛り」は用意してきた一句だけになっちゃいました。
せっかく吟行に行った地での句はやはりまとまらず、
他の4句はロクな句じゃなかったので選句で入ったのは1点のみ。
でも日盛りの句は小島、岸本両先生とも選に入れて下さり、
本当に嬉しかったです。


虫が虫齧る音のみ日の盛り


小島先生は特選にとも考えて下さったそうですが、それを外した理由として、
「かりかりと蟷螂蜂の貌を食む」という山口誓子の句を思い出したと言われました。
類想を少し感じるということなのでしょうね。
そういうことをはっきり言っていただけるのはほんとに有難いです。
こちらがどういう状況で作ったにせよ、
読み手がどう感じるかは作者がどうこう言うことではありません。
私とて山口誓子のその句は知っていましたから100%影響を受けてません!
と言えるものではないと思っています。

他の方からは「虫」自体が季語なのでこういう使い方はいかがなものか、
という質問も出され、
それは私も考えたことなので、興味深くお話を聞きました。
参加者はさまざまな結社の所属でそれぞれ考え方も違うようなので、
結社とあまり縁の無い(一応「里」所属ですが殆ど投句のみ)
私にはすべてがすごく新鮮でした。



句会も無事終わり、4時からは場所を移して講演会。
2時間に渡って「天為」主宰の有馬朗人先生の記念講演を拝聴。
「虚子と切れ字、虚子の導入した季語」という題で、
科学者でもある先生のお話は簡潔でわかりやすく、ためになるのですが、
いかんせんろくに寝てない5時起きなので時折眠気が・・・
(有馬先生、すみません)sweat01

Hizakari8

そのあとは懇親会。
ここでは「里」の同人や会誌の編集をして下さっている仲寒蝉さん、
櫂未知子さん(先生と呼びたい方ですが呼ぶと怒られます)皆さんに久しぶりにお会いしました。
6年ほど前、「里」に入るきっかけとなった「記念日俳句」で
お名前だけ知っていた方とも初めてお会いできたり。
他の人に比べたら全然交流関係なしに等しいのですが、なかなか面白かったです。

Hizakari9

一日目のスタッフ俳人の皆さん。
中央の男性は「里」編集長の仲寒蝉さん、左隣は櫂未知子さん、
その隣は「俳句王国」でおなじみの神野紗希さん、
 右端は岸本尚毅先生。




終ってみればとても充実した1日でしたが、ともかく睡眠不足の上疲れて眠くて・・・
帰りにちょっと軽く食事して、翌日の朝食のサンドイッチやコーヒーを買い、
ホテルへ。
ホテルはビジネスホテルですが設備は一応揃っていてベッドは大きく、
一泊6000円弱にしてはそれなりに快適でした。
シャワーを浴びると即爆睡。
明日はまた違う兼題、ともかく吟行句を投句!にチャレンジです。(続く)



Hizakari10

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

2010年11月 8日 (月)

酉の市2010



かつぎ持つ裏は淋しき熊手かな    阿部みどり女


確かにそうなんですが、そう言ってはミもフタもない。
昨日7日、浅草、鷲神社の一の酉に行ってきました。
日曜なので混むことはわかっていたのですが別の用事を済ませてから・・
と午後のこのこ行ったのが大失敗。
やはりすごい人出で行列が直線では済まずL字型。
まあ1時間くらい待ちは覚悟していましたが、
ようやく神社に入れたのは70分後でした。


Torinoitib_2 

で、その間ケーサツの交通指導のもと、
大人しく並んで待っていたわけですが、たいていの人は家族とか友人とか恋人同士で来ているので、皆さん色々お喋りしてるわけ。
(私は一人でしたが。ひたすら単独行動がスキです)
それを聞いているとけっこう面白い。
昨日は前にとても小柄だけど元気なおばあさんがいて、彼女のおしゃべりが面白くて。
(話の中で87歳と言ってらしたので、もういいかなと思ったけど、人様のことをおばあさんと言うのはまことに居心地が悪いですね~)

Torinoiti


ずらりと人が並んでいるのを見てこんなの初めて、と驚くのはいいけど、
「空襲で逃げる時だってこんなにいなかった」には笑いました。
ずっと浅草界隈に住み、昔は芸妓さんだったとのことで、
週に一度髪結いさんに行って桃割れを結ってもらった話など、
面白くてつい聞き耳を立てちゃいました。
87歳といえば東京大空襲に遭った頃は22歳頃・・
桃割れを結うのはごく若い時だから戦争前かな・・

江戸っ子のおばあさんの人生を垣間見るようで、出来ればお願いしてもっと話を聞きたかったくらい。
それにしても1時間以上並んでいて平然としているのには感服です。
おかげで退屈しませんでしたよ~

Torinoitif

江戸ツ子の老婆しやきしやき酉の市      雪うさぎ



ようやく入れた神社の中ももちろん一杯で、
新しい熊手をゆっくり品定めすることもままならず。
あ、これちょっと良いけどもう少し見てからにしよ、
なんて言ってると二度とそのお店にはたどりつけない・・・
お参りも遠くから前略、後略で手を合わせ。
でも全体的に以前より買いやすい値の熊手が多かった気がします。
いくら縁起物でもこの不景気ではね。


ようやく買った熊手を柱に掛けました。
どうぞたくさん福をかっこんでくれますように。



酉の市一筋裏を戻りけり    鈴木榮子


Torinoitid

ワタシが欲しかった可愛いうさぎさんつき熊手。
予算オーバーでボツ。
でも買った熊手にも、うさぎさんつけてくれたんですよ♪




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

「渺茫」 フォトブック



先日フジフィルムのプリントサービスで、
写真俳句「渺茫」のフォトブックを作ってみました。
以前旅行の写真を頼んだ時は写真の質感がいまいち・・・だったのですが、
今回は特に写真に最適な印紙を使うというタイプを選び、
作ってみたらなかなか。
ネット上で制作でき、1週間ほどで自宅まで届けてくれます。
便利になったものですね。

そのweb版を作ってみました。
「写真とコトノハ展」とかぶる写俳もありますが、
写真俳句に興味のある方、ご覧下されば嬉しいです。
左サイドバーの「マイフォト」に常設してあります。

http://yukiusagi.air-nifty.com/photos/byobo1/index.html


Reikamera_5






にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

2010年9月19日 (日)

「2010年写真とコトノハ展」



今年3回に渡り参加させていただいた「写真とコトノハ展」
出品した写真俳句をマイフォトに整理してみました。
よかったらのぞいてみて下さいませ。<(_ _)>

「2010年写真とコトノハ展」


Lumi3







にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

2010年7月27日 (火)

「写真とコトノハ展 Vol.3」

Kotonoha3blog2_2

「写真とコトノハ展 Vol.3」、8月2日(月)~15(日)まで開催いたします。
「喫茶おとら」は都営三田線白山駅近く、
紅茶のおいしいくつろげる喫茶店です。
お茶を飲みがてら、ぜひお立ち寄り下さいませ。

詳細はこちらをどうぞ♪

http://shashin-haiku.jp/node/81584





写真俳句のブログのお知らせですがこちらにも。
写俳仲間のグループ展です。
今年はこれで最後の予定。
もっともっと写真勉強しなくちゃ・・・(;^_^A




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

より以前の記事一覧

本館・俳句・写真ブログ

twitter&haipo

毎日シェルティ

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Didier Merah Japan(青いボタンをクリックしてお聞き下さい)

Forget me not.