2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

時計

当地のお天気

旅に出る♪

無料ブログはココログ

« ワンズカレンダー 8月 | トップページ | 10周年♪ »

2015年8月30日 (日)

ファーブルトン

Fabu



今年の夏、よく作ったファーブルトン。
フランス、ブルターニュ地方のお菓子だそうです。
あまりにも簡単なのでさっそく作ってみたのですが、すっかりはまってしまい、何度焼いたことか。
おやつ用のレシピなんでしょうが、私は朝食に食べます。
さらに夕食後などワインのお供にもけっこう合うことが判明。
いやこれは困るんですけど・・夜食べるのはダイエットの敵だし。


でもカロリーはたいして高くないかも。
レシピは検索すればたくさん出てきますが、材料の分量はそれぞれ違えど小麦粉もバターもそんなに多くは使わない。
味はざっくり言えば焼プリン・ケーキバージョンってとこでしょうか。
柔らかく優しい味で、フルーツなどを入れて自分流にアレンジできるのも楽しいです。

◆材料(22センチパイ皿1個分)

 卵2個(小さいものなら3個でも)
砂糖40g
薄力粉30g
牛乳100cc
生クリーム50cc
りんご半個
バター8g
塩少々
ブランデー少々

 
◆作り方

 りんごを薄切りにして1分レンチン。
バターもやはり1分ほど、軽く溶けるまでレンチンしてさましておく。

 

ボールに卵を入れて泡立て器でよく混ぜ、砂糖を加えてさらに混ぜる。
薄力粉を入れてさらに混ぜ、だまにならないよう牛乳、生クリームを加えてなめらかになるまで混ぜ、
最後に溶かしたバターと塩、ブランデー少々を加える。

 

生地は殆ど液体状態です。
これをバター(分量外)を塗った焼型に入れ、表面にりんごを形良く散らし、
180度のオーブンで30~40分焼いて出来上がり。

 



卵も別に泡立てるというほどでもなく混ぜるだけですからほんとに簡単です。
これは基本の材料ですが、私は牛乳のかわりに豆乳、生クリームのかわりに1年中常備してあるプレーンヨーグルトを使います。
生クリームって高いし半端に残っても困るし・・ということでヨーグルトを使えば家にある材料でいつでも出来ちゃう。
さらに薄力粉はふるって使うのが基本ですが、あんなに面倒なことはしない。
もっぱら使うのはこちら。ふるう必要がなく直に使えるのでとっても便利♪(手抜きできるところはどこまでも手抜き)
粉も砂糖もヨーグルトも分量はアバウトで大丈夫です。ヨーグルトを多く使えばより爽やかな味わいに。

Komugiko_2

オーブンでなくフライパンでも出来ます。
でも生地が柔らかいのでひっくりかえすのが難しい。
そこでフライパンで下半分を焼き、そのあとオーブントースター、あるいは魚焼き用グリルに入れて仕上げをする、
というように色々試してみましたが焦げやすく、やはりオーブンで焼くのが一番きれいに出来るようです。


夏中冷して食べていましたが、これからは温かいままでも美味しいでしょうね。
もう終ってしまったようで寂しいのですが、これまではりんごでなくブルーベリーを使っていました。
地元のブルーベリーが安く出回る季節、生地にたっぷり埋め込んで焼くと、カットした時の濃い紫がとてもきれい。
完熟バナナを入れてもいいし、レーズンとかクランベリーなどもよく合いますよ♪



今、NHK朝ドラ「まれ」で凝った本格的フランスのケーキが見られますが、
自分で作るのはいつも普段着のケーキ。もちろんプロの作る凝ったケーキは美味しいけど年に1~2回で充分。
高級フランス料理より、お茶漬けのほうが美味しいと思うことも確かにありますよね♪







にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

« ワンズカレンダー 8月 | トップページ | 10周年♪ »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138320/62187852

この記事へのトラックバック一覧です: ファーブルトン:

« ワンズカレンダー 8月 | トップページ | 10周年♪ »

本館・俳句・写真ブログ

twitter&haipo

毎日シェルティ

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Didier Merah Japan(青いボタンをクリックしてお聞き下さい)

Forget me not.