2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

時計

当地のお天気

旅に出る♪

無料ブログはココログ

« 初体験♪富士サファリパーク1 | トップページ | ヘビウリ~(;^_^A »

2012年8月14日 (火)

初体験♪富士サファリパーク2



さてサファリゾーンを一巡りして車を駐車場に入れ、
お目当てのヒョウの子を見にふれあいゾーンへ。
ちなみに車でのサファリはよほど混んでない限り、何周でも出来るとのこと。
ふれあいゾーンは大体普通の動物園と同じ感じで、ワオキツネザル、ハイエナ、カバなど、そしてヒョウが展示されている。
あとで調べたら他にもカンガルーやワラビーなどもいたようなのだが、ちょっと時間が足りなかったか・・
ヒョウの子はちょうど3時から公開ということなので、それまでとりあえずシマシマの尻尾がチャーミングなワオキツネザルや、
意外と寝顔が可愛いハイエナなどを眺めつつヒョウのブースへ。


生まれた子供は2頭で、1頭は弱っていたため人工保育、もう1頭は母親と暮らしている。
見ると一番奥の丘の上にきれいなヒョウが寝そべっている。
子供は・・?と目をこらすと母親の背によじのぼったりひっくり返って舐められたり、
甘えんぼ放題しているようだがいかにせん遠い上、ガラスがジャマでよく見えない・・
そのうち母親が立ち上がり、よく見えるところに移動してきてくれた。
あとをついてくる子ヒョウ。

Kuro2
Fskohyou5

黒いので黒ネコにも、まだコロコロした体型のせいで子グマにも見える。
6月8日生まれというから2ヶ月ちょっと、動きのまだおぼつかない様子がなんとも可愛らしい。
黒いながらもヒョウの模様はしっかりとあり。
両親とも普通のヒョウなのに子供が2頭とも黒いってとても不思議だ。
黒ヒョウの遺伝子を持っていた、ということらしいのだが・・。
母ヒョウはサービス精神旺盛?で、というより自慢の子供を見せたかったのか、
かなり近くまで来て寝そべってくれたのだが、子供のほうはガラスの向こうに鈴なりになっている人間が怖いのか、
また上のほうに戻ってしまい、残念!

Kuro1

それにしてもヒョウって何と美しいことか。
母ヒョウは美形だし、隣のブースには父親ヒョウもいたけどやはり堂々とした美男だった。
森茉莉のエッセイ「私の美の世界」の中の、

「一度は寝台の上で一緒にいてみたい豹(ことに黒豹)・・若し私にお婿さんか恋人をつれてきてくれる人があったら、
それよりもむくむくとした黒豹の仔をつれて来てくれるべきである」

というくだりを思い出した。
あるいはキプリングの「ジャングルブック」に出てくる、モーグリの良き理解者であった黒豹バギーラ。
しなやかで優美な肢体、美しい色とパターンの毛皮、そして嵌っている宝石のような眼は昔も今も人を魅了してやまない。
ヒョウであってこそ・・なのでどんな美女(人間の)がヒョウの毛皮のコートを着ても、醜悪なだけだよね。



それから公開されたもう1頭のヒョウの子とご対面。
今ではすっかり元気になり、こちらは飼育係りのお姉さんに甘え放題。
木によじ登り、ハーネスの紐にかじりつき、少しもじっとしてないので写真撮るのも一苦労。
小さいながらお姉さんにしがみつく脚の大きいこと!しっかりとした肉球、鋭い爪もすでに立派で、
やっぱりネコではなくヒョウだわあ・・・

Fskohyou1
Kuro4 

この子は生まれてすぐ木から落ちてしまい、(ヒョウは木の上で出産する)
そうなると母親は面倒をみようとしないらしく、急遽人工哺育に切り替えたとのことだけど、助かって良かったねhappy01
背中だけなら撫でてもいいということでさわらせてもらったが、まだ産毛って感じのふっわふわheart01
子供たち(こっちは人間の)がすごく嬉しそうに、あるいは真剣な顔で撫でているのを見るのも可愛くて楽しかった。
そんな風にさわれるのもわずかな期間ということで、貴重な体験したわけね。
そういえば大人の「黒ヒョウ」って見たことない気がする。
この子たち、そのままここで成長するのかどうかはわからないけど、
ぜひおとなになった姿を見てみたいものだ。

Fskohyou2sf
Fskohyou3sf

ということで30年無視していた富士サファリパークだったが、
わりとあっさり負けて?しまった感じ。(笑)
とても面白くて楽しめたし、今度はナイトサファリ、ウォーキングサファリもいいなあ、なんて。
30年前から比べたら、動物園に関する概念もずいぶん変わった。
もう誰もコンクリートの上で檻に閉じ込められているだけの動物を見たいとは思わないだろう。
だとするとリスクはあるにしろ、サファリパークというのはそう悪くはないあり方なのかもしれない。

ただひとつ致命的に残念だったのは、1度として富士山を拝めなかったこと・・weep

そのリベンジのためにも別の季節にぜひ、と思っている次第です。fuji



Fstitihyou
ワタシが父ですが何か・・・・・?







にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

« 初体験♪富士サファリパーク1 | トップページ | ヘビウリ~(;^_^A »

カメラ・写真」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

生物一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138320/55418175

この記事へのトラックバック一覧です: 初体験♪富士サファリパーク2:

« 初体験♪富士サファリパーク1 | トップページ | ヘビウリ~(;^_^A »

本館・俳句・写真ブログ

twitter&haipo

毎日シェルティ

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Didier Merah Japan(青いボタンをクリックしてお聞き下さい)

Forget me not.