2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

時計

当地のお天気

旅に出る♪

無料ブログはココログ

« ミニスキュル・小さなムシの物語 | トップページ | Google Chromeに変更♪ »

2012年7月28日 (土)

酷暑にクールカラー



午後の室温34℃、ということは外は37℃くらい?
という日が続いています。
思えば20年以上前、旅行で香港に行き34℃とかの暑さに初めて遭遇して、
こんなところには絶対住めないと思ったのに、
今はそれをはるかに上回る地に暮らしているって何の因果・・?
というかその当時までは夏でもこれほどまでには暑くなかったということですよね。
実際子供の頃は30℃越えたら「猛暑」という感じでした。
夜はそれなりに涼しくなったし、地球温暖化を鵜呑みにする気はないけれど、
近年気温が上昇していることは確か。



ことにじとっと風も無い日は地獄。
歩いているだけで汗が目に入り、耐え難い蒸し暑さに、

暑いの大っ嫌い!

な私はもういやでいやで涙が出そう。
とはいえそんな夕方にもワンズの散歩に出なくちゃなりません。
うちのワンズはシェルティなので飼い主同様暑さが苦手。
まあたいていの犬はそうだと思いますが。
シェルティはスコットランド沖の北海、シェットランド諸島の出身。
正式名はシェットランドシープドッグと言いますから、その寒い島で牧羊犬をしてたわけです。
当然被毛はダブルコート、ふっさふさの毛です。
その毛皮ですごす酷暑はどんなにつらいことか・・
犬は背が低いですからより地面に近いわけで、アスファルトの照り返しや熱をもろに受けて、
熱中症の危険も人間より多いはず。


もちろん夕方は日が落ちてから出かけますが、それでもきつい。
なので今年は少しでも暑さをやわらげようとこんなものを買ってみました。

Kool4 

首に巻いて使用するクールカラー。
保冷剤がセットになっています。
裏はメッシュの袋になっていてその中にセットし、ベルトもワンタッチで使いやすい。
ただしカチカチに凍らせた保冷剤を入れても1時間も持ちません。
そこで外に出るときは保冷剤ではなく氷を詰めます。
普通の製氷皿の四角い氷5~6個かな。
氷はすぐ溶けはじめますが、溶けた冷たい水が胸の毛に落ちて冷やしてくれます。
家の中だと困るけど外なので濡れても平気。
説明書によるとその水が汗の役目をするそうで、犬の身体を冷やしてくれるとのこと。
首を冷やすことにより血管を効率的に冷やし、クールダウンさせてくれるそうです。
http://www.e-designshop.co.jp/kool_collar/koolcollar.html


Kool2_2 Kool3

まあそれほど劇的な効果は期待していないけど、
確かに少しはマシなようです。
装着を全然いやがらないし、昨日なんかクールカラーを取り出したらそばに寄ってきたもの。
少しでも涼しいのなら、こちらも少しは気が楽。
それでも散歩は苦行に等しいので最近は近くの誰もいない公園に行って、
ブラッシングしただけで帰ってきます。
特にミーシャのほうが今の時期、アンダーコート(下の柔らかい毛)がごっそり抜けるので毎日ブラッシング。
抜けた分だけ涼しくなるはず~とこちらも一生懸命。
(もちろん取った毛は持ち帰ります)
ほんとはこんな暑いところで飼うこと自体が間違っているのかも・・
なんて思うと悲しくなっちゃいますけどね、引越しするわけにもいかないし。
ちなみに夏になると「サマーカット」で毛を短く切る犬も多いようですが、賛否両論あるようですね。
ともかくシェルティの場合アンダーコートがある限り丈だけ短くしても何もならないわけで、
それよりはブラッシングで取ってやるほうが現実的だと思います。
それにバリカンなどで刈って皮膚を露出させるとそれこそ紫外線の害とか虫さされなどの心配も指摘されています。
何より被毛は保護の役目が強く、体温調節の役割もあるということで私はサマーカット否定派。



それはともかく、近年は11月頃になってやっとほっとして、
春になるとまたぞろ夏を思ってゆううつになる・・ってものすごい非建設的な1年なんだけど、
何とか元気を出して夏を乗り切らなくちゃ・・・・


でもカノン、ミーシャ、

早く秋になるといいね

Kool1

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ







« ミニスキュル・小さなムシの物語 | トップページ | Google Chromeに変更♪ »

ペット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

毎年のことながら暑さがこたえますね。
犬や猫は人間みたいに汗をかきませんから、
大変なんだろうな、と思います。

外出しているとき、暑さに参ってくると、
よくかき氷を食べます。
冷たいもの頂いて休んでいるとだいぶ回復♪
それでこのあいだホームセンターで、
千円もしない「MY かき氷器」を購入したら、
これがもう大当たりです(w
大好きな苺のシロップと、練乳も。
自分で作ると甘さ控えめに調整できるのが◎。
車で出かけるときも、アイスボックスに氷と、
このかき氷器を持って行こうかと思案中ですから。

テレビ観てたら、消防士用に、
ジャケットみたいに着こむ保冷剤やってました。
6時間くらい保つそうです。
あれもいいなと思いましたけど、
さすがに導入はしていません。
ほんと早く秋になるといいですね。

隠していたわけではありませんが
僕も犬を飼っていたことがあります。
ただの雑種でしたが、飼い主にとっては可愛いものです。
夏の暑さは人間も犬も苦手ですよね。
湯沸かし器からホースをつないでぬるいお湯をかけてあげたものです。
途中で体をぶるぶるってふるわせるので、僕に水しぶきがかかったりして。
名前は「プルー」
どこかで聞いたことがあるような?
近いうちに、ブログにこの愛犬のことを書こうと思っています。

☆yuhkiさん

汗をかけない暑さの体感って想像できないけど・・
あまり暑いと小鳥も口を開けてハアハアいっていますよ。(ツバメなど)
せめてそうやって熱を逃がしているのでしょうか。

かき氷とスイカは、気温と美味しさが比例して上昇しますね。
私は家ではかき氷は食べませんが、去年三島で暑い中楽寿園まで歩いてそこで食べたかき氷、
人生最大級の美味しさでした
私も練乳大好き、それと抹茶シロップ。
でもやはりかき氷にはいちごが王道でしょうか。
今年も来月三島に行くので、またあのかき氷食べてこようかなと
保冷用ジャケット、実は犬用もあります。
きりがないのでそこまではやりませんが・・
あと辛抱するのは1ヶ月?2ヶ月?一昨年の9月の恐怖は忘れられません。

☆るんるんさん

プルー・・・
聞くだけで涙がじわっと出てくるような。
あれは切ない歌でしたねえ。
みんなのうたから受けた切ない思いって、ずっとひきずる感じ。
子供の頃だったらよけいでしょうね。
プルーの愛犬記、楽しみにしています

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酷暑にクールカラー:

« ミニスキュル・小さなムシの物語 | トップページ | Google Chromeに変更♪ »

本館・俳句・写真ブログ

twitter&haipo

毎日シェルティ

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Didier Merah Japan(青いボタンをクリックしてお聞き下さい)

Forget me not.