2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

時計

当地のお天気

旅に出る♪

無料ブログはココログ

« 金環日食2012年5月21日♪ | トップページ | NHK大河ドラマ1972「新・平家物語」 »

2012年6月 6日 (水)

金星日面通過2012年6月6日




さて金環日食が首尾よく見えて、
その勢いで今日の金星日面通過も!と願っていたのですが、
そう甘くはなかった・・・
天気予報ではちょうど通過の時刻がもろに雨。
先日も予報は悪かったし、もしかしたら・・の願いも空しく朝から雨降り。
youtubeで通過ライブをやっていたので、画面では太陽に入り込み、
移動してゆく鮮明な姿を見ることは出来たけど、やっぱりナマで見たいじゃないですか。
その願いが通じたのか、雨がやんで明るくなってきた11時頃。
すぐ対応できるようにカメラにフィルターをつけていつでも撮れる準備をしておきました。
今回は太陽は真上、それも1年中で一番高度が高い時期なので三脚はハナから諦め、
最初から手持ちで撮る予定。


天気が微妙なのなんのって・・
雲の間から顔を出したようでもなかなか輪郭は結んでくれない。
それでも何度か顔を出してくれました・・・ほんの数秒ずつ。
11時台に何回かシャッターを押したものの設定がまずかったのか、
奇跡的に金星を認められたのはたった1枚でした。

Kinsei3  (11時16分)


それでも諦めきれず、再び厚い雲に覆われた空と時計をかわるがわるにらめっこ。
youtubeの画面では金星はどんどん進み、はや太陽の縁に到達。
1時半近く、また少し明るくなって薄い雲ごしに太陽の輪郭が。
こうなったらもう雲をフィルターにするしかない。
こういう時にはコンデジの手軽さが頼りです。
何枚か撮って拡大してみると何とか金星が写っている・・・
ギリギリ太陽を出る直前、不鮮明ながら何とか・・(涙)
それっきり太陽は再び姿を見せることはありませんでした。

Kinsei4
(13時29分)


1時47分、金星は太陽を通過し終わって姿を消しました。
終わったとたん、雲が晴れて太陽が・・・ということはなく、
(そうだったらどんなに悔しかったでしょうね)
待っていたように雨が降り出しました。
だからまあ、これでもラッキーだったと思うことに。
何といっても次回は105年後だといいますから、どうがんばっても生きてるわきゃない。
ちょっとだけでも見られてよかったです。

Kinsei6_2   

というか金星ってやはり丸い天体だったのね・・(当たり前!)
いつもは全天一の輝きを誇っている金星の素顔を見た気分。
そっか、ということは火星に立てば「地球の日面通過」が見られるってことだよね。
と思って調べてみたらウィキに載っていました。
やはり火星での地球日面通過も数十年から数百年単位で起こり、
次回は2084年に起こるとのこと。
今から72年後ですか・・
その頃には火星探査が進み、入植とまではいかなくても火星の地上からライブくらいは出来るかも。
地球の場合、月も一緒に通過するわけなのでどんな光景になるのか考えるとわくわくしちゃう。
72年後でもむろん生きてはいないけど、そんなすてきな時代になっていますように。



606ajisai




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

« 金環日食2012年5月21日♪ | トップページ | NHK大河ドラマ1972「新・平家物語」 »

「ニュース」カテゴリの記事

天文」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138320/54896397

この記事へのトラックバック一覧です: 金星日面通過2012年6月6日:

« 金環日食2012年5月21日♪ | トップページ | NHK大河ドラマ1972「新・平家物語」 »

本館・俳句・写真ブログ

twitter&haipo

毎日シェルティ

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Didier Merah Japan(青いボタンをクリックしてお聞き下さい)

Forget me not.