2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

時計

当地のお天気

旅に出る♪

無料ブログはココログ

« 春の虹 | トップページ | カノンの遠吠え »

2012年4月27日 (金)

「写真とコトノハ展vol.5」のご案内




写真とコトノハ展vol.5

Kotonoha5

◆2012年5月6日(日)~5月26日(土)
◆都営地下鉄市ヶ谷駅 地下道プロムナードギャラリー



◆出展者

倉田有希 雪井苑生(雪うさぎです) 小林茜 小林尊晴 横田嘉男



5月6日の午前中に搬入、26日の最終日は15時頃までとなります。

都営地下鉄新宿線、市ヶ谷駅の地下道、「A2」出口近く。
地上からは山脇美術専門学院の角「A2」出口の階段を降りてすぐです。
地下道の一部がギャラリーとなっております。
メトロの始発から終電までの時間ご覧いただけます。
通りすがりに、ちょっと寄り道して、どうぞお気軽にお立ち寄りください。

Kotonoha5map

詳細は倉田有希さんのHPでどうぞ。
http://yuhki575.com/









にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

« 春の虹 | トップページ | カノンの遠吠え »

カメラ・写真」カテゴリの記事

俳句」カテゴリの記事

写真俳句」カテゴリの記事

コメント

雪井苑生さん

お名前、何とお読みするんでしょうか?
「みんなのうた」にコメントさせていただいている るんるん です。
俳句や写真など幅広い趣味をお持ちのようで妻女ぶりを垣間見る思いです。
私は書を趣味としております。
俳句は無理ですね。
そんだけの学がない。
我が友は数年目に俳句を始めました。
事あるたびに詠んだ句を送ってくれます。
最新作は西六郷少年少女合唱団定期演奏会に誘った時の感想です。

歌ひ継ぐ歌こそよけれ夏来る

娘が3人いますが、全員片付いたので、ホッとするやらさびしいやら。
肩の荷があ降りたので、昨年度末でリタイアしちゃいました。
ここで一句。

愛し子は金魚と共に嫁ぎけり

雪うさぎさん、じゃなくって雪井苑生さんは猫を飼っておられるんでしょうか?
私は犬は派です。
最後に嫁いだ次女は金魚を飼っておりまして、娘がいなくなったら金魚までいなくなってしまったのです。
初めて真剣に俳句しました。

調子に乗って短歌も披露します。
こちらも初作品です。
その前に、この国至る様子をまとめましたので、お読みください。

「娘達からのサプライズ」
 平成24年3月30日、私は39年間の公務員生活にピリオドを打った。
 前夜に妻から「退職辞令交付式が終わったら●●●に電話してね」と言われていた。
 「何で?」と理由を問うと、「何か用事があるらしいから」と有耶無耶な返事しか返ってこなかった。
 半信半疑であったが、妻が言うとおり、式終了後に次女に電話した。
 「今、式が終わったよ」
 すると、思いがけない言葉が返ってきた。
 「市役所の傍まで来ているよ。迎えに行くけど、どこに車を停めればいいの?」
 私は裏の来客駐車場を指示し、十数分後に職場を後にした。貰った花束を手に階段を下りて行った私である。一階に降りたところ、そこには次女が待ち構えていた。
 「お父さん、長い間お勤めご苦労様でした」
 花束を差し出す娘が眩しくて、温かい気持ちになった。
 「これは、お姉さんと私と○○○からだよ」
 三人の娘達が合同で労ってくれたのだ。
 「ありがとう」
 そう答える私は嬉しさいっぱいの気持になっていた。
 優しい娘達からのサプライズに39年間の苦労が吹き飛ぶ思いがした。

リタイアし去りたる職場に花束を抱えし娘のまぶしかりけり

後は野となれ山となれ……

きゃ~、読み返したら誤字だらけ!
なので、修正です(^^)

数年目→数年前
荷があ→荷が
犬は派→犬派
この国→この歌に

☆るんるんさん

名前はsonouと読みます。
でもネット上では雪うさぎですのでよろしく。
るんるんさんは書をなされるんですか。
私は書は無理ですね(笑)ともかく下手で、俳句を詠む方の中には達筆な方も多くて、
手書きですらすらと・・・という方もいらっしゃいますが私はとてもとても。
便利な時代になって写真俳句でもPCで好きな文字体を使えますが、
本当は自分で書けたらいいですね。
お友達の「夏来る」の句、とってもさわやかです。
るんるんさんの句や短歌は実感がこもっていますねnote
お嬢さん3人とはうらやましい、うちは息子一人なので実に殺風景です。
今うちは人間2人に犬2匹、猫2匹、おまけにメダカが20匹くらいいて動物のほうが多いです(笑)
猫も好きですが今はどちらかといえば犬派ですよ
http://yukiusagi.air-nifty.com/caetla/2011/12/2012-dbf1.html

やっぱり女の子っていいですねえ。
そんなサプライズを贈ってくれるなんて、るんるんさんはお幸せですね。
もっともそういう優しいお嬢さんに育てたのはるんるんさんご夫婦なんですものね。
これを機会にるんるんさんも俳句デビューとかいかがですか。
昔は私も俳句なんて年寄りの趣味だと思っていたのですが、全然そんなことないんですよね。
斬新な句を詠む20代の俳人もたくさんいますし、とってもエキサイティングですよ。

素敵なお話をありがとうございました。happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138320/54574344

この記事へのトラックバック一覧です: 「写真とコトノハ展vol.5」のご案内:

« 春の虹 | トップページ | カノンの遠吠え »

本館・俳句・写真ブログ

twitter&haipo

毎日シェルティ

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Didier Merah Japan(青いボタンをクリックしてお聞き下さい)

Forget me not.