2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

時計

当地のお天気

旅に出る♪

無料ブログはココログ

« 棕櫚鬼毛手箒 | トップページ | 十月大歌舞伎 »

2009年10月18日 (日)

加藤和彦さん逝く


7時のニュースで加藤和彦さんの死を知り、驚愕。
つい何日か前、WOWOWで放映されたユーミンのコンサートで元気な姿を見たばかりだったので。
久しぶりに見た加藤さんは「黄色いロールスロイス」の曲に合わせたポップな黄のパンツで、
その卓越したお洒落のセンスや演奏の素晴らしさは変わらず。
ああこの人はすごく上手に歳を重ねていくんだろうな、と感心していたのに。
人間って本当にわからないものだ。

Katou2_2   











ある程度の年齢になったら自殺という選択肢もありかも、と正直思うこともある。
例えば江藤淳さんが自殺した時にそう思った。
「形骸を断つ」という遺書は名文と言われたが、
でもそれを肯定してしまうことは、やはりするべきではないだろう。
どちらにしても他人が軽々しく口を挟める話ではないが・・。


「帰って来たヨッパライ」のヒットは高校生の頃だったか、
「アングラレコード」というコピーがついていたが、本当に鮮烈だった。
深夜のラジオからよく流れていた、当時の雰囲気を思い出す。
「悲しくてやりきれない」はとても好きだった。
心が弱っている時に歌ったりすると、涙がこぼれたが・・。



本当に悲しくてやりきれないではありませんか。
まさに”朝には紅顔ありて夕には白骨となれる身なり”のはかなさ。




ご冥福をお祈りいたします。


Katou1_2













1970年代の加藤さん(キッチン&ベッドより)

Kazumi1



















にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ


« 棕櫚鬼毛手箒 | トップページ | 十月大歌舞伎 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

黄色いロールスロイス。

良くご存知ですね。

ユーミンを聴かなくなって数年・・・。

ユーミンは70年代の曲が好きです。

☆ビザさん

加藤和彦さんを知ったのは「帰ってきたヨッパライ」でしたから、
もう本当に昔の話になりましたね。
70年代80年代、安井かずみさんとのカップルは憧れでした。

80年代初頭、車の免許を取った理由は車でユーミンを聞きたいからでした(笑)
今でも聞きますが考えてみれば新しい曲は殆ど聞きませんね。
やはり70年代、80年代前半の曲ばかりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 加藤和彦さん逝く:

» うたかたのオペラ/加藤和彦 [コンテナ・ガーデニング]
加藤和彦さんが亡くなられたそうです。昨日の夕方、ネットのニュースで知りました。 [続きを読む]

» 松任谷 由美 CD DVD 通販 [松任谷 由美 CD DVD 通販]
探している物が必ず見つかります♪ [続きを読む]

« 棕櫚鬼毛手箒 | トップページ | 十月大歌舞伎 »

本館・俳句・写真ブログ

twitter&haipo

毎日シェルティ

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Didier Merah Japan(青いボタンをクリックしてお聞き下さい)

Forget me not.