2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

時計

当地のお天気

旅に出る♪

無料ブログはココログ

« 実録・連合赤軍あさま山荘への道程 | トップページ | 夢で逢えたら »

2009年6月21日 (日)

六月大歌舞伎


行ってきました、六月大歌舞伎。
以前はどうだったか知らないけれど、さよなら公演となってからは連日満員
のようで、一幕見席の切符売り場も長蛇の列。

6kabuki2_3






















新聞で見たカウンドダウン時計が一秒ごとに残り時間を減らしていくのを見

改めて歌舞伎座を見上げてやっぱり惜しいなあ・・・とタメイキ。
それはともかくさよなら公演というだけあって、毎月豪華な配役、豪華な演
目が続くのは嬉しい限りです。
今月は夜の部の松本金太郎ちゃんのデビューを見たかったけど諦めて昼の部
のみ。
今回は友人と一緒なので、気合を入れて松竹のwebチケットに連日アクセス
を繰り返し、一階花道わきの席をゲット♪
欲をいえばもう2~3列前なら最高だったけど、花道のすぐ西側なので花道
ごしに舞台を見ることになり、ちょっとななめになるのが難だけど、
邪魔な
人の頭などは一切無いのでせいせいと楽しめました。

6kabuki4_2

















演目は松緑、魁春による曽我物舞踊、「正札附根元草摺」
(しょうふだつき
こんげんくさずり)
幸四郎、吉右衛門、染五郎という超豪華な顔ぶれで魅せる
「双蝶々曲輪日記
角力場」(ふたつちょうちょうくるわにっき すもうば)
 梅玉、福助が舞う、悲しくも美しく幻想的な舞踊、 
「蝶の道行」(ちょ
うのみちゆき)
そして”仁左衛門一世一代にて相勤め申し候”
「女殺油地獄」(おんなごろしあぶらのじごく)

6kabuki3_3















幸四郎、吉右衛門の存在感に圧倒され、染五郎にうっとり、
初めて見る福助の舞に感服しつつも(ほんとにこの人って色々な役を演るけ
れど、どれもぴったりと決まってすごいです)
ハイ、本日のお目当てはやはり「女殺油地獄」
つい先日NHKに仁左衛門が出演、この作品について語ってくれたのだけど、
クールなイメージと裏腹に明るく温かい人柄と笑顔の方で、すっかりにわか
ファンになっちゃいました。
なので花道を来る仁左衛門を見ただけで、もう目がに。(笑)
何しろ花道のすぐ隣なので、足なども目の前を通過するわけで。
真っ白な足の、その足首の細さに思わずドッキリ。

6kabuki8_2


「松本金太郎展」も大盛況















「女殺油地獄」は近松門左衛門が実際の事件(油屋の後家殺し)を題材に書
いたと言われています。
歌舞伎では油屋の放蕩息子(色々家庭内の事情もあるのだが)、河内屋与兵
衛が家からも勘当され、
金に困って近所に住むやはり油屋の人妻、豊嶋屋お吉に借金を申し込む。
普段から与兵衛にも親切なお吉だったが、与兵衛の行状にさすがに呆れ果て
、それをはねつける。
「いっそ不義になって貸して下され」と迫る与兵衛。それもダメだとわかる
ととうとうお吉に刃を向ける。
大きな油の瓶が倒れ、流れる油に滑りながらの凄絶な殺人。
お吉が息絶えると、与兵衛は震え慄きながら、金を奪い取って油まみれのま
ま逃走していく・・。
という話。


仁左衛門が大阪でこれを初演したのが昭和39年。
なんと45年前の東京オリンピックの年!?
当時20歳だったそうで、その演技が評判を呼び、当たり役に。
でもこの役には本当の若さが必要、というお考えのようで、
もう何年も前からこの役は演じない、と決めていたそうです。
今回さよなら公演ということで、会社からどうしても、と言われてやること
になったけど、
今度こそほんとに最後です、とNHKの番組で話してらっしゃいました。


その「最後」を見られてしあわせ・・・なんだけど


若い時の舞台は知らないけれど、少なくとも年齢からくる違和感など全く無
かったです。
本人は本意でないにしても、観るほうとしては、今だからこその「翳のある
色気」を満喫できたとも言える。
油まみれのままよろめきながら花道を走ってきたお姿、目に焼き付いてしま
いましたよ~。

6kabuki6_2 



油まみれの花道をお掃除中












仁左衛門曰く「服を変えたらそのまま現代劇になりますから」というこの作
品は、
過去にも映画やTVドラマになってますね。
昔、小劇場などでも上演してたような。
歌舞伎だと陰惨とはいえ、それなりにデフォルメされていてそれが薄められ
ているけど、ドラマなんかだとリアルになるからちょっときつい。
松田優作が与兵衛を演じたドラマでは、その陰惨さが彼のキャラクター
で増幅され、息苦しくなってリタイアした記憶があります。

女殺油地獄 [DVD]

映画やドラマになると与兵衛とお吉の間に恋愛関係を入れちゃったりして大幅改ざん、になっちゃうし。
(と思っていたら今年も新作映画になってるし。やっぱりこういう感じか)


ともあれ親子の愛憎、放蕩息子と両親、というテーマは確かに時代を超えた永遠のテーマのひとつなのかもしれません。



さて7月は・・・。
またしばらくweb松竹にアタックしまくりだわ・・・・。

6kabuki7_3




京橋で偶然見かけた「江戸歌舞伎発祥の地」の石碑























6kabuki9_2

















歌舞伎終了後、友人との食事に出た、
茄子、瓜、とうもろこしなどすべて生で食べる夏野菜の盛り合わせ。
美味しくてが進み過ぎ・・・・


十五代目襲名記念 写真集 片岡仁左衛門

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

« 実録・連合赤軍あさま山荘への道程 | トップページ | 夢で逢えたら »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

いいないいな凄い席!
お友達と一緒だとお席もいいし帰りの寄り道も豪華!
モー羨ましいかぎりです。

仁左様情報を頂いて私もNHK見ました。
舞台の仁左衛門とのギャップがあってちょっとあれ?と思いましたが優しそうな素敵な方でした。
たまたま私と夫と息子と息子のガールフレンドの4人で見ていました。
番組のなかで中学生からのイラスト付きファックスが紹介されたの覚えています?
「ちょっとこの子変わってない?!」と話している私達4人も他人から見たら「平日の昼間に異常な状態じゃないの」と大笑いしました。

「油の地獄」はNHKで放送しそうですね。それも楽しみです。

7月もうチケットとりました。言わずとしれた3階席。
国立劇場の歌舞伎鑑賞教室も安くて面白そうです。行ってみようかなと思っています。

☆yattiyさん、こんばんは♪

はい、間近で見た仁左さま、鳥肌がたつくらいステキでしたよ~
NHKに出演の時も、ほんとにダンディで感じの良い方でしたね。
お話もとても面白かったです
イラストFAX 見ました見ました、よく書けていました。
あの若さで、確かに変わっているかも(笑)
でも歌舞伎が若い人にも人気があるとしたら、喜ばしいことなんでしょうね。
あ、そういえば6/26(金)4月に開催された俳優祭が放映されるそうですよ。
http://www.actors.or.jp/moyoshi/haiyusai/sai_35.html
こちらも必見ですね~。

7月チケットもう取ったのですか
私もアクセス始めたのですが、前半など昼の部が連日満席、
昼夜とも3階席など皆無の状態で、今までの月とは様子が違い、
う~んちょっとヤバイかも・・・。
今回はひとつだけ取ればいいので、根気よく探すつもりです。

国立劇場でも色々な催しがあるのですね~
梅枝(油地獄でおかちさんを演じた人ですね)の藤娘、観たいなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 六月大歌舞伎:

» 三沢光晴リングに散る!斎藤彰俊土下座!週刊プロレス大増刷 [三沢光晴 最後の勇姿 週刊プロレスのバックドロップ連続写真]
三沢光晴リングに散る!斎藤彰俊土下座!バックドロップ連続写真の週刊プロレス大増刷 [続きを読む]

» ハウスクリーニング掃除清掃代行 [ハウスクリーニング掃除清掃代行]
ハウスクリーニング掃除清掃代行の情報です。 [続きを読む]

« 実録・連合赤軍あさま山荘への道程 | トップページ | 夢で逢えたら »

本館・俳句・写真ブログ

twitter&haipo

毎日シェルティ

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Didier Merah Japan(青いボタンをクリックしてお聞き下さい)

Forget me not.