2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

時計

当地のお天気

旅に出る♪

無料ブログはココログ

« ドラマ・「黒部の太陽」 | トップページ | つばさ in 川越♪ »

2009年4月 6日 (月)

歌舞伎座四月公演



今月はガマンしよう、という決心はどこへやら、
ガマンできなくなって、やはり四月大歌舞伎に出かけてしまいました。
今回は夜の部なので、よしっ!着物で決めてやろうじゃないのと、2年ぶりに着物を引っ張り出しまして。
幸いお天気も良く暖かな着物日和。cherryblossom
行ってみるといつもにも増して着物の人が多かったです。
春休みのせいか若いお嬢さんの着物姿も多くて、それだけで華やいだ雰囲気が嬉しいですが、それ以上に年配の方の着物姿につい見惚れてしまうことが多い。
たまにしか着ずいまだに着るのに苦労する私なんかとは違って、衣紋の抜き方といい、無造作に見えて細部に凝る粋さといい、もう年季が違うんですよね~。
実に目の保養。
そんなことも歌舞伎座の楽しみ方のひとつであります。

Sakuramoti




銀座のお菓子屋さん。
桜餅がいっぱい!








さて四月夜の部は「彦山権現誓助剱(ひこさんごんげんちかいのすけだち)毛谷村
廓文章(くるわぶんしょう)吉田屋
曽根崎心中(そねざきしんじゅう)の3本。

「毛谷村」はイヤホンガイドがなかったら全然わからなかったでしょうね。
複雑怪奇?な仇討ちの物語ですが、毛谷村六助の吉右衛門はあたり役らしく、おおらかな演技で安心して観ていられる感じ。
相手役、お園の福助が良かったです。前半は武道に長けた怪力女、後半は一転、いじらしく可愛らしい女へ。
2月の「菅原伝授手習鑑」の八重役もそうだったけど、いじらしく可愛い女の福助、魅力的です。


「廓文章」は仁左衛門&玉三郎というもうそれだけでいいわ♪という豪華配役。
物語のほうは大店の放蕩息子が花魁に入れあげて勘当され、それでも恋しい女に逢いにくるのだが、そこはぼんぼん育ちのわがまま男。
いざ逢うと素直になれず、うらみごとのオンパレードでつれなくあたる。
何を言われてもじっと耐える花魁、夕霧太夫。
そうこうしているうちに親元から勘当が解けたという知らせと、身請けの金が千両箱で届き、めでたしめでたし・・・というアホみたいな話なんだけど。

Kuruwa2














ところがこの芝居、今か今かと待っていても、夕霧(玉三郎)がなかなか出てこなくってイライラ。(笑)
ようやく出てきて、今回は目の覚めるような豪華な花魁の衣装でもあり、そのあまりの美しさにクラクラ。
前の2回は踊りだけだったので、声も初めて聞きました。
恋しい男になじられながら、恋しさや悲しみをちょっとした仕草や目線で表現する、その可憐な愛らしさといったら。
ただ今回どうしたのか、じっと座っている時にやけにまばたきが多かったのが気になりました。
何かの理由で目が痛いのかも・・・と、ちょっとハラハラ。coldsweats02


そしてあまりにも有名な「曽根崎心中」。
お初を演じる坂田藤十郎は、な、なんとこの役を昭和28年から千回以上演じているのだとか!
演じ始めた当初はブームになるほどの人気だったそうです。当時は20代前半という勘定になりますから、
さぞ初々しいお初だったのでしょうね。
さすがに御歳は隠しきれず(77、8歳!)最初はちょっと違和感を感じましたが、進行するにつれそんなことは全く気にならなくなり、
可憐な19歳のお初に見えてくるのには、
はい、恐れ入りましてございます。m(_ _)m

Sonezaki3














歌舞伎超初心者のわたくし、あとで調べて藤十郎とは扇千景さんのご主人であられる中村鴈治郎(前名)であることも初めて知りました。


鴈治郎氏といえばかなり前だけど、
祇園の舞妓さんとどうのこうのってワイドショーで・・(以下略)


か、かなりの豪傑であられる方のようですね。
ということで今月も堪能いたしました。heart04


それにしても歌舞伎って不思議。
女形の役をほんものの女性が演じる、と考えてみると、
全然普通のお芝居(ジャンルとしては新派かな?)になってしまうわけで。
何故男が女を演じる必要があるのか、という問題に明確な答えは難しいと思うけれど、
何故それがかくも魅力的なのかということは、観るたびにつきつけられる事実であり、毎回驚かされています。
女より女らしいとも言えるけど、そんな単純なものではないんですよね。
玉三郎の神がかった、ともいえる美しさを見ていると、男とか女を超越した「美の極致」という言葉が、
しきりに頭の中で明滅するのです。




ところで5月は、6月は・・・sweat01
玉さまの出演無しね。
よ、良かった、行かずに済むわ・・・・って、なんじゃそりゃ。gawk



坂東玉三郎

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

« ドラマ・「黒部の太陽」 | トップページ | つばさ in 川越♪ »

「文化・芸術」カテゴリの記事

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

歌舞伎レポート楽しく拝見しました。
これで見る楽しみが一段と増して盛り上がってきました。

お着物で出かけられたのですね。
気合入っていますね。
着なれていれば絶対着物で行きたい場所ですがあいにく一人で着られても着こなしが伴ないません。
皆さんの着物姿ウオッチングも楽しみに加えて観察してきます。

☆yattiyさん、こんばんはnote

何時間も座っているので着物はキツイかなあと思いましたが、
そんなこともなく、楽しんできました。
着物ってやはり歌舞伎座には合いますから、気分も高揚していいものですよ♪
ほんと、着物ファッションのウォッチングも楽しいです。eye
大店の旦那さん風の、男性の着物姿もステキですよね。

今日は菊之助が出ている2006年版の「犬神家の一族」観てました。
今月は歌舞伎座では見られず残念。。。(( T_T)

yattiyさん、楽しんできて下さいねhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138320/44580954

この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎座四月公演:

« ドラマ・「黒部の太陽」 | トップページ | つばさ in 川越♪ »

本館・俳句・写真ブログ

twitter&haipo

毎日シェルティ

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Didier Merah Japan(青いボタンをクリックしてお聞き下さい)

Forget me not.