2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

時計

当地のお天気

旅に出る♪

無料ブログはココログ

« 猫の日猫の句♪ | トップページ | 大正のお雛さま »

2009年2月26日 (木)

歌舞伎座二月公演



う~む、どうもハマりそうでヤバイなあ・・とワーニングランプを点滅させつつ、
1月に続き今月も歌舞伎座に行ってきました。
昼の部の「京鹿子娘二人道成寺」をどうしても観たくなっちゃって。
これはやはり人気があるらしく、平日なのにほぼ満員。
まあさよなら公演が始まってから、私みたいに今の歌舞伎座のうちに観ておこう!という人が多いらしいです。

Kabuki2gatu















結果的には1月にも増して面白かった♪
それぞれ全く毛色の違った出し物なので全然飽きないんですね。
ちょっと複雑な話だけどテンポ良く楽しめる、狂言を元にした「菅原伝授手習鑑」
ただもう華やかで目を奪われる舞踊の大曲「京鹿子娘二人道成寺」
心温まる世話物「人情噺文七元結」はイヤホンガイドも必要のないほどわかりやすく、文字通りの人情噺についホロリ。

お目当ての玉三郎&菊之助の「京鹿子・・・」はほんとに圧巻でした。

舞台はご存知、清姫と安珍の物語で知られたあの道成寺。
旅の僧の安珍に恋をし、裏切られた悔しさに蛇に化身して、安珍の逃げ込んだ鐘もろとも焼き殺してしまった清姫。
それから何年かして新しい鐘が出来上がり、今日はその鐘供養の日。
そこへ花子と名乗る美しい白拍子が現れ、鐘を拝みたいと申し出る。
女人禁制の道成寺だが、舞を奉納したいという花子は許されて入山する。
そこへいつのまにか、うりふたつのもうひとりの花子が現れ、ふたりは華やかに舞い踊りながらだんだん鐘に近づいて・・・。
実は花子は清姫の亡霊で、再び鐘を落とさんとしていたのだ・・・
というお話。

Dojyoji_3



















玉三郎と菊之助、息もぴったりでその美しさは例えようもなく、
本当に一人がすっと増殖したような凄みも感じられて。
ただし今回はずっと後ろの席しか取れなかったので花道が殆ど見えず、始まってからかなり長いこと花道でふたりの道行が続いたのが見えなくて、すごいストレス。
前回が2階席の一番前と良すぎたので仕方ないのですが・・。
幸い双眼鏡を持ってきていたので、それが活躍してくれました。
全く同じ衣装のふたりは時に見分けがつかないほどでしたが、双眼鏡で見るとやはり表情が全然違う。菊之助もいいのだけど、どうしても吸い寄せられるように玉三郎を追ってしまいます。なんというか、眼力(がんりきに非ず、めじから)の迫力が違うというか。
後半だんだんと表情が険しくなり、蛇の本性を現してくるのを目で表現するのです。
ラスト、鐘に取り付いて僧たちをにらむ冷たい炎が燃えているような目つきにぞっとするやらシビレるやら・・・
ほんと、堪能しました。
菊之助はこのあとすぐ次の「文七元結」で文七を演じ、さらに夜の部の勧進帳にも出演って、すごすぎる体力・・・。coldsweats02



Bunsiti_2












「文七元結」




ところでその歌舞伎座の席なんですが、
ネットで簡単に取れるとはいえ、なかなか希望の席は手に入りにくいようです。
それと同じ一等席でも、同じ料金の割にはすごい差がある。
例えば2階席の一等席は9列あるうちの7列目まで。
残りの8列9列は2等席になります。
1列目と7列目では、見え方が全然違い、同じ1等席とは思えない。
今回は7列目しかなかったので、ひとつだけ後ろの2等席だって殆ど変わらない、と8列目を購入しましたが・・・。
やっぱり人の頭の隙間から見る、という感じになっちゃうんですよね。
それとネットで買うときはどういう順番で席が表示されるのか知らないけれど、早ければ良いとも限らず、次の日に再検索するともっといい席が表示されたりもします。
多分どこかで押さえていた席がキャンセルになったりとか、色々事情があるんだろうけど、同じ料金であまりにも違うってちょっと釈然としない。
どちらにしても新しい劇場ではもう少し見やすいレイアウトを考えてほしい。
それから、せめて座席からどかないでも人が通れるスペースが欲しいですね~
ついでに、新幹線や飛行機のように、前の座席から倒して作るテーブルがぜひ欲しい!
他の劇場と違って歌舞伎座に食事は付き物。
お茶を置くスペースもないってあんまりですよね。
実現は充分可能と思われますので、ぜひご検討を♪




さ~て3月は・・・って  (゚o゚C=(_ _;
バキッ
行けないですよ~もちろん sweat01
毎月桟敷席に座れるような身分に、なってみたいものです・・(泣)

Kabuki2gatub
















3月は昼夜通しで「忠臣蔵」なんですね

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

« 猫の日猫の句♪ | トップページ | 大正のお雛さま »

「文化・芸術」カテゴリの記事

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

お久ぶりです。
勝手に報告です。
歌舞伎座行ってきました。楽しかったのですが
演目の忠臣蔵は夜の部も見るべきでした。
また座席(3階西1-17)はネットで購入したのですが座席表ではいい席だと思っていましたが
いざ座ってみると花道の真上で覗き込んでも花道は見えませんでした。
さらに横向きで舞台をみるので終わったら首が痛くて散々でした。
ま~初めてだったので仕方がないのかもしれませんが
これに懲りずにまた行きたいとも思っています。
雪うさぎさんは今度いつ行かれるのかしら?
雪うさぎさんの歌舞伎見物記を楽しみにしています。

cherryblossomyattiyさん、こんにちは♪

歌舞伎、楽しまれたようで良かったですねwink
良い席の取得は難しいですよね~
よく行く人は安くて良い席を知ってるから皆さん狙っているのだろうし。
法人で押さえてしまう席も多いみたいだし。
私も前回は花道が殆ど見えず、悔しい思いをしました。
3階でも前列で花道の反対側だったら良く見えるのかしら?
1階の花道のそばの席に座ってみたいものです。

私は最初にもう玉三郎さまにノックアウトされてしまったので(笑)
彼の出る4月も行きたい思いでいっぱいなのですが・・・。
一幕見で並ぶ根性も無くてね~
旅行計画を全部中止して、歌舞伎に入れあげようかしらと考え中です。coldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138320/44179317

この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎座二月公演:

» 地下鉄で銀座にGO!GO! [Ribon2::BIGFOTOBLOG]
写真 地下鉄永田町HRD [続きを読む]

« 猫の日猫の句♪ | トップページ | 大正のお雛さま »

本館・俳句・写真ブログ

twitter&haipo

毎日シェルティ

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Didier Merah Japan(青いボタンをクリックしてお聞き下さい)

Forget me not.