2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

時計

当地のお天気

旅に出る♪

無料ブログはココログ

« ZUZU | トップページ | 行ったり来たり »

2006年3月23日 (木)

そしてラガーに帰る


別に発泡酒でも大して変んないわよ、と思いつつ
たまに「ビール」を飲んだりするとやはりとても美味しかったりして。
この苦味がいいのよねッと思うのは、やっぱり正統派のイメージが濃いキリンのラガービール。
というわけで最近はラガーに回帰しております。
といっても昔、私は大の日本酒党でありました。
(立膝で一升瓶をどんッと置き 飲んでいたねえと言われますが いや~覚えてないなあ(;^_^A )
従ってビールは殆ど飲まず、というか何が美味しいのかさっぱりわからなかったんだけど・・
ビールに目覚めたのはアサヒのスーパードライに出合ってから。
スッキリした味わいにハマり、以後すっかりビール党に。
だから 回帰というのは当たらないかもしれないけど、うん、今となってはやっぱりラガーが一番ビールらしいという気がする。

Kirin


写真は5.6年前に限定発売された「ラガーザセレクション」の瓶。
昭和のは今とあまり変らないけれど、明治大正のラベルのデザインが素敵でいまだにとってあるんです。
日本初のビールは明治初頭、横浜山手で居留地の外国人相手に造られたそう。
横浜ビールと呼ばれ、明治14年には日本人の味覚に合うものが発売され、キリンビールとして現在に引き継がれているということ。

「麒麟」がトレードマークとして登場したのは明治21年、この写真(左の瓶)のラベルの麒麟だけど、翌年には今と変らない麒麟のデザインに変更されたようです。

Kirin2

大正時代のビヤホールで 着物に白いエプロンをした女給さんが栓を抜いたのもこの瓶なのかな~なんて。 
今の缶ビールもしっかり麒麟が受けつがれていますという感じで 色んなビールが発売されては消えていったけど、
こんな風に変らないものって安心できるよね♪
「麒麟」のインパクトと好感度は大きいと思われ、 
スーパードライも発売以来基本的にデザインは変わっていないけれど、そういう意味でトレードマークが無いというのはさびしいかも・・




ちなみに缶ビールが発売されたのは昭和35年(1960年)だそうです。
でも家で父が飲んでいたのは最後まで瓶ビールだった。
ほんとは私だって瓶のほうが好き。
でも昔みたいにビールを酒屋さんが届けてくれて空き瓶を回収してくれた というシステムからは遠ざかってしまったし、
つい缶ビールの手軽さに流れてしまう。
そうそう ラガーには「クラシックラガー」というのもあるのよね。
昭和40年頃の味を再現しているのだそうで だとすると父が飲んでいた味なのかも。
あまり扱っているお店が無いのだけど、今度さがしてみよう。



ところでその
ラガーのCM なかなか良いですね。
寺尾聡のなつかしい「ルビーの指環」
サディスティック・ミカ・バンドの「タイムマシンにお願い」
そうそうたるメンバーのライブの中にフラッシュバックするように昔の映像が挟まる。
「時代は変る ラガーは変るな」のフレーズにちょっとじんときます。
それにしても「下妻物語」のエンディングで聞いて今どきの新しい曲だとばかり思っていた「タイムマシンにお願い」が1974年のS.M.Bの曲だったとは・・全然知りませんでした。
やっぱり加藤和彦氏はすごい・・・@@



ということで今夜も(別にイミはないけど) □D\(^-^* ) カンパーイ!



« ZUZU | トップページ | 行ったり来たり »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138320/9220976

この記事へのトラックバック一覧です: そしてラガーに帰る:

« ZUZU | トップページ | 行ったり来たり »

本館・俳句・写真ブログ

twitter&haipo

毎日シェルティ

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Didier Merah Japan(青いボタンをクリックしてお聞き下さい)

Forget me not.