2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

時計

当地のお天気

旅に出る♪

無料ブログはココログ

2016年12月31日 (土)

大晦日2016



今年も見事な晴れの大晦日でした。
ちょっとだけ長くなった夕暮れ、盛大に沈みゆく今年最後の太陽。

Yuhi1231




暖かめの気温で狂い咲いた?雪柳です。

Yukiyanagi1231



あまり振り返りたくない2016年だったのですが、まあそんな年もあるさ!
ということで2017年に希望をつなげることにいたします。
どちらさまも良いお年を<(_ _)>



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ


2015年12月31日 (木)

大晦日2015 



今年もとうとう大晦日になりました。
とうとうと言ったけど実感としてはもう大晦日っ!?という感じです。
年々月日が経つのが早くなるのは恐ろしいほどで、これってどういうわけなんでしょうねえと嘆息。
お正月用の鏡餅(プラケースの中に切り餅が入ってるヤツね)に申年プレイバックというのがついていたのですが、
前回の2004年なんてほんの5年くらい前にしか思えない。その前の1992年も24年も前とは思えず現在と直結してる感じ。
ところがその前の1980年は一気に遠い昔となり、その前なんてなんと1968年!60年代ですよ。
そして当然その前は1956年、もう記憶さえない時代となります。
前半の12年は現在の30年くらいに感じるんですよね・・・齢をとるほど時間は加速するって法則があるんでしょうか・・・


12gatu15



12月のワンズカレンダーは最近クリスマスがらみにセットして撮るようになりました。
相変わらず迷惑そうなカノンはなかなかこちらを向いてくれず、結局こんな写真に。
来年は申年だから・・というわけではないのですが、エンパイアステートビルで買ったキングコングのサンタさんがいいアクセントになってくれたかな。
2016年用のワンズカレンダーも出来上がって届いています。
もうカノンもミーシャも1月には11歳になるので、いつまで作れるのかな、と思ったりしますが
ともかく元気で長生きしてくれれば。
こちらのほうも今年は色々身体に不調が出たりしたし、気をつけなければと自戒です。



今年の年末は暖かで穏やかな日が続きました。
確かにラクではあるけれどちょっと異常を感じますね。
単に異常気象というより、気候が変わりつつあるのを冷静に受け止めなければならない時期がきたのかもしれません。
気温の上昇、大型化する台風、今までなかったような集中豪雨、竜巻など。
温暖化が懸念されているけれど、寒冷化を予測する学者もいてどうなるのかは誰にもわからない。
冷静に対応していくしかないのでしょうね。
気候だけではなく、世界中が軋むような恐ろしい事件も相次ぎました。
本当に平和になるためにはあと何百年もかかるかもしれないけど、こちらも模索し続けるしかないのでしょう。
来年は少しでも良い方向にいくといいですね。

Oomisoka_4



恒例大晦日の夕日です。
今日は晴れていたけど夕方は西の空だけ大きな雲がかかって太陽を隠していました。
でも山に沈む直前、まばゆい姿を現してくれ、例年のようにきれいな没日を見ることが出来ました。
大晦日って晴れが多いですね。
50年以上昔、庭の松の木に登って見ていた大晦日の夕日。
あの頃と変わらず空も太陽もきれいなことは、ほんとにありがたいことだと思います。



2016年が世界中の人にとって良き年になりますように♪






にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ



2015年11月28日 (土)

ワンズカレンダー 11月

111gatu15



今年は残暑が殆どなくて本当に楽でした。
でもそれも異常気象の一部?雨の多い秋で紅葉もいまいち。
カレンダーは殆ど前年かそれ以前の写真を使いますが、この写真は2年前かな、
地元ではメジャーな渓谷なんですが、天気が良いとほんとにきれいでした。
もっとも紅葉が本当に美しい時期はせいぜい数日なのでしょうね。
カメラを向けると遠目にはきれいでも、もう色褪せた葉が多かったりでがっかりすることも多いです。

ワンズは落葉の上を歩くのが好きみたいです。
特にミーシャは好きで、カノンより脚が短いので歩くというより半分埋まりながらガサガサと進むのですが、
色んな匂いもするらしく立ち止まってはクンクンしてとっても楽しそう。
当然落葉が毛にくっつくのであとが大変ですが、晩秋の澄んだ空気の中、落葉を踏んで散歩するのは、
こちらにとっても至福のひとときです。

Ginkan1113_2



今年も毎年恒例になったコトノハ展に出展しました。
早いものでもう10回目。
最近秋には神保町と人形町の2個所の店で作品展示をします。
作品は小さめですが今年も20名以上の参加者があり、なかなかの盛会。
俳句だけ、写真だけも追求したい私としては時折写真俳句の存在意義に悩むこともあるのですが、
この展示会の写俳を見ると、いやいややはり写真俳句というジャンルもありだ!と思いなおすのです。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

«秋刀魚の味

本館・俳句・写真ブログ

twitter&haipo

毎日シェルティ

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Didier Merah Japan(青いボタンをクリックしてお聞き下さい)

Forget me not.